・身近な人が何かに取り組むことを、たとえ失敗が見えていても、口を出さずに見守ること。

・自分よりも見識が至らない人から、自分より劣っていると見下されることに慣れること。

・他人の生き方、やり方、考え方は、自分とは異なるものと思えること。

・相手の都合がいい時だけ、都合のよいように利用されても気にしないこと。

・見返りがないことをあきらめること。

・自分を利用しようとしている人に、腹を立てないこと。

・自分を悪くいう人が、気にならなくなること。

・自分が正当に評価されないことを無理もない思うこと。

・マナーを守らない人を、そういうものと思えること。

・過剰な求めに応じたり、無理に合わせたりせず、見限ることができること。

・人や社会をなおそうと思わないこと。

・事実とは別に、相手の気持ちを理解すること。