2015年01月

何をすべきかわからなくなったら、人としての成熟、人格の陶冶、自己の確立、パーソナリティの再統合をするためになにかをすれば、それがなにであってもいいと思います。
一方、どんな大きなことでも、どんな楽しいことでも、納得のいく自分になること以外をしても、なんの意味も持たないでしょう。

NASAの訓練で、宇宙船を模した部屋の中で、ロボットをプログラムするという課題に対し、パソコンが故障してプログラムできないという事態が発生しました。これは、試験を実施する側にとっても想定外です。
こうした事態への対応力、その人の人間力が見られます。
ちなみに、同訓練を受けた幼い女の子は、紙にプログラムを書き移しながら、新しいパソコンが用意されるのを待つという判断をして評価されていました。

関連記事
テスト範囲外問題

ミネラルウォーターカンパンは備蓄しています。カンパンの賞味期限は5年。その度に食べています。期限を1年以上年過ぎてから食べることもありますが、問題なく美味しいです。保険と比べても、ほんとにわずかなコストです。

カバンをプレゼントされたら気を引くことが目的。カンパンをプレゼントされたら、全然うれしくないかも知れないけど、愛ってそういうことかもしれません。

カンパン

テスト範囲を設定するという教育は、与えられたルールの中で精一杯結果を出す力を養います。
一方、テスト範囲外、即ち自分の理解範疇外については、自分に責任はないと考える思考につながります。実際、「聞いていない」、「想定外」といった大人の幼稚化を目にすることが珍しくなくなりました。
世界には、知らないことがたくさんあるし、理解できない人で満ちている。青信号で渡っていても車が突っ込んで来るし、残業代は支払われない。それに対応できるようになることが成長なんですけどね。

関連記事
テスト範囲外問題 2

昔、ギャルはどうかと思っていましたが、ある時から偏見だと思うようになりました。



昔、宮様はどうかと思っていましたが、ある時から偏見だと思うようになりました。



ほんとうの理解とは、何かを理解をすることではなく、自分の偏見を手放すことだと思います。

↑このページのトップヘ