この遊び場で80年という時間、好きなように過ごすことを、人生といいます。

正解や目的はありませんから、やりたいことをやりたいようにやって下さい。

やりたいことがあるのが偉いわけでもありません。
やりたいことがなければ、10分もじっと座っていれば、何かしらやりたいことが出てきますから、それをやればいいと思います。

問題が少ない生き方や、経済的に裕福な生き方も、それがよいというわけでもありません。

誰かに貢献したり、好かれる必要もありません。
世のため人のためといっても自分の価値観に基づいたものですし、トラブルを起こすのはたいてい正義に基づいたものです。
自分のため、という方がすっきりしています。

親の期待に応える必要も、子のために無理をする必要もありません。
「あなたのためにがまんした」と言われて喜ぶ人はいません。

人生は、評価不必要であり、評価不可能なものです。

時に誰かを傷つけて、傷ついて、迷惑を掛けて、失い、そうした経験から何かしらを得るのが人生です。
見えなかった自分、見ないようにしていた自分を受け止められるようになります。

出逢うことは素晴らしく、別れることも同じく素晴らしい。再会もまた素晴らしいと思います。

すべきことをしてもいいし、しなくてもよいです。いずれにせよ、今のあなたの意思決定が、あなたの人生を決めます。

ただ、生きたいように生きて下さい。

僕は、あなたがどんな生き方をしても、応援します。

神社をつくる → 守る → 津波による淘汰 → 神社の配置が津波の浸水域に一致。
神社が津波を止めたように見えますが、実際は、津波にのみ込まれなかった神社が残っていたに過ぎません。

神社を守るという科学的根拠のない慣習が、"結果的"に歴史的統計データの収集になり、神社を守ることに意味を持たせました。

根拠や意味、理由というものは、たいてい後付けなんですよね。何がどういう意味を持つか、人知のそう及ぶところではありません。

先日、銀座のお香のお店、松栄堂さんを訪ねました。



松栄堂といえば「芳輪」シリーズが人気です。中でも、「堀川」や「二条」は幅広く大変評判が高いです。どちらも、お寺のように凛とした香りではなく、京都のお土産物屋さんのような甘さを持つ、誰にでも好かれる香りが特徴です。「堀川」の方がやや重め、「二条」の方が軽め、という印象です。僕もこの2種類はお気に入りです。ただ、坐禅の時は、沈香や白檀のように気が引き締まるものの方があっています。

今回は、「芳輪 京五彩」を購入しました。



これは、芳輪シリーズの中から、天平、室町、元禄、白川、二条がセットになったものです。帰宅後、早速、天平を焚いてみたところ、辛めの本格的な香りでした。沈香に近い感じですね。他の香りも楽しみです。

関連記事
鳩居堂のお香 伽羅、沈香、白檀 3点セット

坐禅会に参加するとお香が焚かれています。自分でもお香を使っています。複数のお香がセットになっているものを購入して、様々な香りを楽しんでいます。

セットものでは、鳩居堂の香木の香り3種セットなどは人気のひとつです。三大香木と呼ばれる、伽羅、沈香、白檀の線香がそれぞれ10本ずつ入っています。簡易の線香立ても入っています。



白檀はアロマの世界ではイランイランとして知られていますが、お香の白檀と、アロマのイランイランの香りは、別物と考えた方がよいでしょう。

沈香はアガーウッドと呼ばれています。

そして、沈香の中で特に質がよいものを伽羅と呼びます。ただし、良質な伽羅はほんとうに稀少で、1g当たり数万円と、金の数倍の価格です。ですから、伽羅と呼ばれるお香も、わずかに伽羅、もしくは沈香が用いられているか、伽羅に似せた香りに作られたものだと考えるのがよいと思います。それでも、鳩居堂のわずか6cmの伽羅の線香でも1本当たり150円と、それなりのお値段がします。

関連記事
お香のお店 銀座 松栄堂

12インチの新しいMac Bookが発表されました。極薄フォルムがカッコイイですね。
Windows8がどうしようもないので、Macへの乗り換えを検討されている方もいらっしゃると思います。



私は、ずっとThinkPadを使っていたのですが、MacBook Airには惹かれて購入してしまい、代官山の蔦屋書店で広げ、Parallelsを入れて、MacOSとWindowsをスワイプで切り替えてドヤラーしていた過去があります。
しかし現在はThinkPadに戻ってきています。
そのMacBook Airは、Macが壊れて困っていたMacユーザの友人に格安で譲ってしまいました。

当時、しばらくの間MacBook Airを使って良かったと思うこと、そうでなかったことを書き出します。

■よかったこと
・フォントが綺麗
この理由だけで今でもMacを使いたくなります。今は、Windowsのフォントを美しくする「MacType」というフリーソフトを入れてごまかしています。
・本体のフォルム
言わずもがな、あの薄さ、美しさは魅力です。
・スペックの割に速い
同じCUPならMacの方がキビキビ動きます。結果としてコストパフォーマンスも非常によいです。その代わり周辺機器は異様に高いです。

■よくなかったこと
・冷たい
冬は足の上に乗せたり、触れたりすると冷たいんですよね。
・結局Windowsを使うことが多い
使い慣れたソフトを使ってしまうので。
・OSの管理、二つは面倒。
Windowsだけでも面倒ですからね。
・トラブルが起きると対応できない
Windowsは20年以上使っており、細かいところまで理解しているので、トラブルにも対応できるのですが、Macは何かあるとどうしていいのかわからないという問題がありました。

ということで、現在はThinkPad X250を発注、到着待ちです。ThinkPadは非常に古くからあるノートPCで、長年改善が重ねられているため行き届いていて、安心して使えます。

ちなみに、今はスタバでMacBook Air開くのは普通になってしまったのでドヤれません。今の時代は、スタバより個人経営のカフェで、仕事ではなく本(Kindle含む)のが読む方が大人しくおしゃれかなと思います。

↑このページのトップヘ